JA / EN

夏に飲みたい!水出し・氷出し茶の作り方

Share on facebook
Share on twitter
目次

暑い夏の日、喉が渇いているときに飲む冷たいお茶は本当に美味しいですよね。

コクのあるすっきりした味わいは喉を潤すだけではなく、気分もリフレッシュできます。

お茶の水出し・氷出しって?

お茶の水出し・氷出しとは、お茶をお湯ではなく水や氷で淹れること。

お茶は水の温度によって抽出される成分が変化するので、同じ茶葉を使っても味が変わります。

お湯で淹れたお茶と何が違うの?

緑茶は抽出温度が低ければ低いほど、苦味の元になる「カテキン」が抽出されにくくなりますが、甘味・旨味の元になる「アミノ酸」は変わらず抽出されるので、水出し・氷出しのお茶は苦味が少なく旨味・甘味の強いまろやかな味わいになります。

特に氷だしは水出しよりも温度が下がるため、より旨味たっぷりで深いコクのある味に変化します。

また、水出し・氷出しは色の変化も少ないので、時間が経っても水色は美しい緑色のまま。お湯で入れるお茶に比べてカフェインも激減するので寝る前の1杯にもおすすめです。

水出しのやり方

水出しのやり方はいくつかありますが、中でもオーソドックスなやり方をご紹介します。

冷水を用意する

水は水道水をそのまま使うのではなく、一度沸騰させて冷やした水・ミネラルウォーター・浄水器の水などを使います。

お茶パックを準備する

お茶1リットルあたり、10g〜15gの茶葉を用意しお茶パックに入れます(大さじ1杯がだいたい5g)。

お茶パックがない場合は、茶葉を直接冷水ポットに入れても問題ありません。その場合、お茶を注ぐ時に茶こしを使うことをおすすめします。

冷水ポットでお茶を作る

お茶パックを冷水ポットに入れ、冷水を注ぎます。

冷蔵庫に入れて3時間〜6時間待てば完成です!

氷出しのやり方

水出しのお茶は作ったことがあっても、氷出しはしたことがない人が多いと思います。

水出しよりさらに甘味・旨味が抽出されてとっても美味しいのでぜひお試しください!

今回は1リットル分と仮定してご紹介します。

氷を用意する

1リットル分の氷を用意します。

茶葉を冷水ポットに入れる

15g〜20g(大さじ3杯から4杯ほど)の茶葉を冷水ポットの底におきます。この時、茶葉はなるべく広げるようにおくと茶葉の成分が抽出されやすくなります。

氷を入れて溶けるのを待つ

その上から氷を入れて、氷が溶けるまで待ちます。じっくり時間をかけて旨味成分がたっぷり抽出されていきます。

飲む前に軽く振る

氷が溶けたら出来上がりですが、コップに注ぐ前にポットを優しく振ってください。

底に沈んでしまったお茶の成分やエキスが均等に混ざり、味のバランスが良くなるとともに、水色も綺麗になります。

冷水ポット以外でも、急須などでももちろん作れます。

FETCの定期便では日本全国から厳選したお茶を、ストーリーと共にお届けします

 

個性豊かなお茶の中から、お気に入りのお茶を見つけたい方は、ぜひ一度、FETCの定期便をお試しください。

300種類以上のシングルオリジン茶(単一農園)の中から厳選した、日本全国津々浦々のお茶をお送りいたします。

生産者の方が、どんな畑で、そしてどんな想いでお茶を作っているのか。全国各地の畑を直接訪ねるFETCだからこそお届けできる、産地や生産者のストーリーも併せてお届け。

濃厚な旨味のお茶、軽やかな渋味のキレのあるお茶、ハーブのような華やかな香りのお茶、ミルクのような甘やかさのあるお茶など、様々な味わいの中からあなたにピッタリのお茶がきっと見付かるお茶の定期便です。

手軽にお茶を淹れられるドリップバッグも付属しておりますので、急須をお持ちでない方も、オフィスでお茶を淹れたい方も、いつでも簡単に美味しいお茶をお楽しみいただけます。
※1ヶ月から始められ、発送10日前でしたらいつでも解約可能です。